2020年4月7日、中国武漢で発生したコロナウイルのパンデミックで、日本国内において、内閣総理大臣が「緊急事態宣言」を発令しました。これを受けて、多くの商業施設が営業を自粛し、都心に人が集まる東京の裁判所もその機能を停止させました。裁判期日は軒並み取り消しになり、再開の目処は立っておりません。

聞くところによると、五月の期日も取り消しになるようです。
向こう一月は裁判が開かれない可能性を思うと、この裁判傍聴ブログも機能できないのでしばらくの間、おやすみさせることにしました。

今後のことを考えると、今までのように大本事件全ての裁判を傍聴できるかどうか分かりませんし、この事件に濃密に関わることができるかどうか、今のところ予想がつかない状態です。

私自身がコロナにかかる可能性もありますし。

皆様も三密を避けて、うがい手洗い、活動自粛に注意なさってお過ごしください。

※16日夜、緊急事態宣言は全国の都道府県に拡大されました。