傍聴記録倉庫

本サイトは閉鎖しました。今後更新はありません。 ※諸事情により、記事または本サイトを予告なく削除する場合があります。 お問い合わせは https://twitter.com/QNews24 (文責)まで。

2020年02月

農業アイドル自殺訴訟・第一訴訟・第六回口頭弁論傍聴記



 2020年2月10日、午後2時から東京地裁501号法廷にて、大本事件・第一訴訟の第六回口頭弁論が開かれました。(内容は証拠調べです)(次回期日と法廷番号は一度調べ直して、期日近くに書き直します)

 出廷は原告の大本幸栄さん、ERA弁護団のうち望月宣武、佐藤大和、河西邦剛の各弁護士。
 被告側は渥美陽子、松永成高、西宮啓介の各弁護士が証拠調べに臨みました。

 傍聴席は9席が満席となりました。

 


 第一訴訟は原告が大本萌景さんのご遺族側(大本家、ERAの代表理事弁護士ら)、被告が事務所側(Hプロジェクト、あつみ法律事務所の弁護士ら)で、約9千万円の損害賠償を求めて争っています。

 第一回口頭弁論でご遺族の意見陳述が行われた他、現在は双方が提出した証拠調べが進んでいます。(被告側はこの訴訟は事実無根だとして昨年10月11日に記者会見を開き、名誉毀損で原告を訴えています)

 【精神医の意見書が出される】

 今回は原告側から待ちに待った精神科医の意見書が原本で提出されたようです。昨年の9月から出す出すと言われていた青少年の自殺にまつわる精神医の意見書です。

 そして、被告側から証拠のLINE画像をテキスト化して出してはどうか?などの証拠の出し方など細かいやり取りがありました。

 裁判長は原告から精神医の意見書とその主張が出され、萌景さんがリーダーになってから、一月頃から亡くなるまでのところを主要な争点として移し、それへの反論を被告にしてもらったら、(双方の主張の)大筋のところは終わるとの見解を示しました。

 【被告側は原告・大本茂さんの出廷を申請したいと】

 渥美弁護士は「今回出した陳述書の他、次回までに陳述書(元従業員の陳述書)を出して人証の申し出まで考えています。」と今後の流れを裁判長に伝え、裁判長は「SさんOさんTさん、ともう一人くらい...?」と促しました。


 被告側は証人として呼ぶリストにSさんOさんTさんとあと一人、と、もう一人くらいは考えてているようでした。そして渥美弁護士は「原告さんの方で人証の申し出を進めてほしいと」申し出ました。裁判長は原告の人証ついて、「お母さんは当然としてどなたあたり?」と選定を確認しました。 


 これに対して望月弁護士は「一億円発言を聞いた親子」として二人の証人を出廷させたい意向を示しまし、渥美弁護士は「原告側の方でお父様の大本茂さんについて、申請ないということであれば、こちらが申請したい」と要望を出しました。

 【原告側が出した聴取報告書の真正を争う】

 被告側は原告側が出した聴取報告書甲91〜93(IさんMさんHさんの聴取報告書について)信用性を争うようです。原告側の望月弁護士は聴取報告書と被告側の陳述書の内容が相反している、と言うような事を述べられ、聴取した人物の人証申請について、対象人物の住所がわからないので申請ができないような事を話し、申請するのであれば、当事者照会をかけます、との意見でした。

 松永弁護士から「(原告側が作った)聴取報告書の方が信用性があると言う事なのか?」と聞かれた望月弁護士は「もちろんです」と即答しました。

 被告側の渥美弁護士は原告側の聴取報告書の聴取に応じたIさんを証人として出廷させたい様子です。
原告側の聴取に応じた人間を被告側の有利な証人として呼ぶ?中々珍しいケースになりそうです。

 実現すれば、謎の人物、大本茂さんの出廷とともに、聴取報告書の真正を問われる証人尋問が行われることなり、原告側が追及されるような証言が飛び出して来るかもしれません。


 尚、裁判長によると、裁判所としては原告被告が出した人証の申請がすぐに採用という事にならないようで、裁判所が誰を(証人として)聞きたいか、次次回までに検討したいので次回は(証人として必要な人物だという)材料をもらいたいとの事でした。
 

 三月末くらいまでに被告側から新たに陳述書が出されるとのこと。


 次回期日4月10日午後3時から
501号法廷 

 ※訴状と答弁書はマスキングされた状態で閲覧できますが、甲号証などは原告側の申請により未だ閲覧不可です。


 IMG_5371

【特報!】大本事件担当弁護士の渥美陽子氏がFLASHでクラビア初挑戦!


 現在、大本萌景さんの自死の責任を巡って、東京地裁では三つの裁判が同時進行している。

原告と被告が入り乱れて訴訟合戦が繰り広げられており、その第一と第三訴訟の被告側弁護、 第四訴訟の原告側弁護を担当している「あつみ法律事務所」の代表・渥美陽子弁護士が写真週刊誌「FLASH」で妖艶なコスプレ姿でグラビアに初挑戦し、大本事件のウオッチャー達を喜ばせた。

(現在進行の訴訟内容は表1を参照の事)


 渥美陽子氏は俳優の高畑裕太さんが逮捕された事件を担当し、不起訴を勝ち取った弁護士として一躍名を馳せた。
高畑裕太の弁護士「悪質な事件ではなかった」(ハフィントンポスト)
「高畑裕太の美人弁護士32歳で独立のストーリー明かす」デイリー新潮 など。


 そして2020年1月21日発売の写真週刊誌「FLASH」で艶やかなコスプレ姿を披露し、告知や紙面を見た大本事件のウオッチャー達からは「やっぱり美人だ」「猫耳が可愛い」「💖」などの感想がSNS上に相次いだ。 
「気鋭の美人弁護士・渥美陽子氏は法曹界一艶やかなコスプレーヤーだった!」(東スポWeb)

 https://twitter.com/atsumilaw/status/1223422488563970048


 やや中だるみだった大本事件も担当弁護士である渥美陽子氏のコスプレ姿で再び衆目を集める事になりそうだ。「猫耳でない弁護士姿の渥美先生が見たい」という方はこちらに裁判スケジュールがあります。
ここに来れば会える!渥美陽子先生が担当する大本事件!年内裁判スケジュール!

 http://cloudqq.livedoor.blog/archives/21075755.html



 表1裁判進行状況

 第一訴訟 大本萌景さんのご遺族とERAの弁護団が萌景さんの自殺の責任を求めてHプロジェクトを訴えた裁判 
 進行中【渥美陽子弁護士が被告側弁護を担当】

 第二訴訟  愛の葉Girlsが萌景さんの死後、移籍した広告代理店、兼イベント会社の「株式会社フィールド愛の和」がご遺族とERA、リーガルファンディングを訴えた裁判。これは第一訴訟の被告から外れたことで、取り下げです。

 第三訴訟 大本萌景さんのご遺族が賃金未払い訴訟でHプロジェクトを訴えた裁判 進行中
 【渥美陽子弁護士が被告側弁護を担当】

 第四訴訟  Hプロジェクトが第一訴訟は事実無根だとして、ご遺族と ERA、一般社団法人リーガルファンディングを訴えた裁判。望月宣武弁護士が原告の名誉を毀損したとして個別に33万円の損害賠償請求されています。 
 進行中
【渥美陽子弁護士が原告側弁護を担当】

 一般社団法人リーガルファンディング
 日本エンターテナーライツ協会(ERA)

 
IMG_5299




ギャラリー
  • 農業アイドル自殺訴訟 日本エンターテナーライツ協会とリーガルファンディングの関係図です。
  • 農業アイドル自殺訴訟・最新情報 遺族側の閲覧制限を裁判所がすべて却下。
  • 農業アイドル自殺訴訟・最新情報 遺族側の閲覧制限を裁判所がすべて却下。
  • 農業アイドル自殺訴訟・第一訴訟・第六回口頭弁論傍聴記
  • 【特報!】大本事件担当弁護士の渥美陽子氏がFLASHでクラビア初挑戦!
  • 農業アイドル自殺訴訟  記事を二つ削除しました。
  • 農業アイドル自殺訴訟 新年挨拶 第四訴状の第一訴状について書き出し〜
  • 農業アイドル自殺訴訟 新年挨拶 第四訴状の第一訴状について書き出し〜
  • 農業アイドル自殺訴訟 新年挨拶 第四訴状の第一訴状について書き出し〜