傍聴記録倉庫

本サイトは閉鎖しました。今後更新はありません。 ※諸事情により、記事または本サイトを予告なく削除する場合があります。 お問い合わせは https://twitter.com/QNews24 (文責)まで。

2019年07月

農業アイドル自殺訴訟 第二訴訟・「フィールド愛の和」の和解騒動について。②



 反響が大きかったので、もう一度書きますが、和解は当事者からの発表を待てばいいと思います。
なければそのまま、あれば内容を精査するでいいと思います。

 管理人・雲は二回に渡って、第一訴訟の被告・第二訴訟の原告・大井光雄氏(イベント会社「フィールド愛の和」代表取締役)にお話を聞きました。 (以下、大井氏と呼びます)

 大井氏はずっと第一訴訟の被告から外してほしい、と訴えていました。時系列的にも会社法的にも、「フィールド愛の和」は萌景さんの死の責任に無関係だからです。それでも第一訴訟の原告は聞き入れてくれなかったので第二訴訟を提起しました。

 訴える趣旨は名誉毀損と営業毀損です。(被告は大本茂氏、幸栄氏、第一訴訟の弁護団のうち、佐藤大和弁護士、望月宣武弁護士、河西邦剛弁護士の三名。)訴額約一千三百万円。
 
 大井氏にお話を伺ったのは6月3日と、7月4日です。 いずれも「今は考えていない」ということでした。和解なら「フィールド愛の和」が第一訴訟の被告から外れて、第二訴訟が取り下げになるという事だと思いますが、雲は共同被告から被告が抜けるというケースを今まで見たことがないので、どのような作業になるのかは分かりません。

 これは中々難しいように思えます。何より、今月の4日での大井氏へのぶら下がりでは「(和解は)どうしたらいいか分からない」と仰っていましたから、大井氏ご本人は和解に向けての明確なビジョンは持っていらっしゃらないように見えました。

 実際に裁判を見て、当事者とお話して、率直に私が感じたのは、この裁判が和解で動くとしたら、ご本人の意思ではないような気がします。「加藤事変」の加藤豊さんが聞いたという和解交渉が進行しているのであれば、裁判の当初の目的である名誉毀損と営業毀損の損害回復がないままになります。

 そして「当事者の法的、社会的責任が明確にされる事なく終わる」というかなり原告には不利な形になるのではないかな、と思っています。

 そうなったら熱心なファンや地元の人以外の不特定多数の人たちに「愛の葉Girls」は萌景さんの自殺の責任にはなんの関係もないのだという形で認知されるのか、大きな疑問符が残ります。

 何よりも、和解で利するところある人たちの意思によって「フィールド愛の和」の利益が損なわれる事がないように、と、私は考えます。

 大きな渦中にある人にはその渦巻きの壁しか見えない。屋根の上を歩いている人には優しく輝いている月しか見えない。頼もしいと思っていた壁や、優しく輝く月は時間が経つと、夜が明けると、消えてしまうものなのだと、誰か告げても、その声は届かないのでしょう。

 月を見てると気持ちがいいですから。現実を忘れますから。夢を叶えてくれそうな輝きに見えますから。実際は太陽光が反射してるだけなのですが。

 月を見るな、太陽を見ろ、太陽を信じろ、雲の晴れ間を見て喜んでくれ、信じてくれと、当事者の顔を太陽に向かせる。そんな簡単なことも雲はこの裁判ではできなかった。

 裁判の本質を見極めるには私はまだまだ経験値も知識も足りてない。力不足なのに中途半端に足を突っ込んでしまった。そして一人で勝手に苦渋を舐めてる。バカみたいです。誰も幸せにできていない。

 私は人権だ人道だと今までしたり顔で標榜しておいて、実は人間の内部なんか見てこなかったのでは、自己満足が目的のただの偽善だったのでは、と思うのです。

 この心境の変化は金井先生とのやりとりの影響が大きいです。雲は今、自分の人間力、問題解決能力の無さを痛感しています。

 まあ、私は裁判に介入したりするのはそれこそ本来の目的とは違いますから、裁判と報道の検証、そしてこの裁判で起きたことをこれからも記録していきます。何年か後にこの裁判に興味を持った人に「こんな記録が残ってる...」と喜んでもらえるようなそんな傍聴ブログにしたい。

 私も随分そんなブログ助けてもらいましたから。

 いつもとは違う本当にブログ風ですが、私は和解は今の所、大井氏のインタビューを振り返るとあり得ないと思います。あるとしたら何か不自然な力が動いたとしか...

 

 

 
 

農業アイドル自殺訴訟 懲戒請求事案と管理人へのデマについて。



 このブログの管理人「雲」は7月1日付けで東京弁護士会所属の弁護士一名を懲戒請求しました。
8日付けで東京弁護士会会長である篠塚力氏の記名捺印入りの調査開始通知が9日に届きました。

 これは懲戒が決定した、という通知ではなく、私の請求が相当かどうか、調査しますよと、いう通知です。つまりこれから東京弁護士会の綱紀委員会が請求内容を調査してくれるのです。

 請求内容は先にお伝えした私へのいくつかのハラスメント行為に対してです。
私は被害を受けた当事者で証拠もしっかりと甲号証として出しています。
なので今話題の不当懲戒請求事件と一緒くたにされては困ります。※詳しくは下記画像を参照の事。

 これについて、大本事件の裁判に関心を寄せる一部の人たちが事実に基づかない根拠で私へのデマを流していますので、釈明いたします。

 まず、事件は今年4月22日に起こりました。きちんと手続きした記者会見での出来事です。
その日、早めに霞ヶ関にある司法記者会へ行き、記者会見参加の申請書を出しました。(一部のフリー記者はこんなフリー記者を差別するような紙を出す必要はない!と怒っていますが、どんな記者会見でも必ず会見前に手続きの方法を聞いて必要書類を出すようにしています。)※司法記者クラブへのフリー記者だけが書く記者会見申請書についての見解はこちらの記事を参照の事。

暴力団やゼネコン談合より悪質 司法記者クラブの脅しに屈してはいけない」


 
 そして記者会見場では私は挙手をして名前と身分を名乗って質問しています。これは私が質問している録音があります。それは容易に証明できます。

 そしてその後、何を思ったのか私の質問に答えた弁護士さんがいきなり疾風のように出口に向かった私の前に回り込み、壁(正確には司法記者会の部屋のドア)を手で押さえ「お名刺を交換してください」と至近距離で詰め寄りました。それまで温和に会見が進行して終了して平和な気分でいた私は心底仰天しました。地裁にも待ち合わせをしてる人がいたので早く部屋から出たかったと言うのもありますが、雲はこれまで、このような横暴な行為を男性から一度も受けた事はなかったのでパニックになりました。
 
 詳しくは以前の「記事」でご確認ください。

 私と対峙した弁護士さんは私に「お名前も名乗らず..」と言ってましたから、私が名前を名乗って質疑応答したのを聞いてないか、忘れているか、とにかく頭から私が無断で潜り込んだ、と決め付けました。

 このあたりから誤解が生まれているのか、私の記者会見参加は「潜入」だと。
某掲示板でもそのように書かれていました。全くのデタラメです。

 一部の裁判支援者が原告側・被告側に限らず、私が資料を持って帰った記者会見は勝手に入り込んだんだ、潜入したんだ、とTwiiterなどでデマを拡散しました。なぜだかはわかりません。とにかく証拠を確かめずに、デマだけを言い散らかすので困っています。

 そこで17日に開かれた大本事件、第二訴訟の第三回口頭弁論の時に司法記者会へいき、私がきちんと手続きをしていたかどうか記録を調べてもらいました。受付の女性は私を覚えていて、弁護士さんと争いになったことも、その弁護士さんの実名も覚えていました。それくらい司法記者会で起きたこととしては珍しい特異な事件だったようです。


 私の申請書が存在するかどうか、7月の幹事社である「時事通信」の方が対応してくれました。裁判が終了して帰宅後の午後5時頃、時事通信から電話がかかってきて、私の書いた会見参加申請書の存在を確認したという事でした。

 雲は本来の業務でない事に手間を取らせてしまった事に恐縮してお詫びを言いました。その「時事通信」記者とは名刺の交換もしましたから、万が一裁判になってもそれを立証できます。(記者というより管理職の方だった汗)

 私が記者会見に無断で潜入したというデマをバラまいている人たちはこれらの事実をどうお考えでしょうか?一度でも司法記者会に問い合わせをして事実関係を確認した人はいるのでしょうか?(4月22日の大本事件の記者会見でフリー記者が無断で潜入したらしいが本当か)とか電話で聞くのはただでしょう。あの日のフリー記者参加は2名だけでしたので、どちらも届けが出ていたら、すぐにデマだとわかるでしょう。(司法記者会、または司法記者クラブの電話番号は簡単にネットで検索できます)

 日本独自の記者クラブというシステムのわかり辛さ、一般人の参加を拒否する記者会見参加のハードルの高さがこのような問題を生み出しているのだな、と興味深く、私に対してデマをばらまく人々を観察しました。

 私の先輩ジャーナリストや元ボスがいつも言っていたように、本来なら記者会見なんて誰でも入れて当たり前だと思っています。ただし、運営の苦労を考えて手続きしています。しかし記者クラブのような大手メディアに在職する記者だけがジャーナリストだと思い込んでるかなり頭の固い(古い)人たちが記者会見に入れる資格なんてないのに記者会見に入ったんだ!だから潜入だ!と騒ぐわけです。

 なんだかな、と思います。そんなことより、雲が壁ドンされながらも必死で持ち帰った資料の方に目を向けて欲しいと切に願います。

 これ、萌景さんがパワハラされてますか?過重労働ですか?親御さんの当日の態度は?高校進学を諦めさせたのはどっち?この資料に書かれていることはLFのHPに書いてあることと大きな齟齬があるのでは?

 皆さんせっかく考える時間があるのなら、そこを注目してください!

 私が持ち帰った資料を皆さんで検証してください!議論して欲しい。

・当初のマスコミの姿勢はどうだったのだろうか?

・あの記者会見を検証したメディアは存在したのか?

・メディアスクラムによって毀損された人権をどうやって回復させるか?

・萌景さんはどのような環境で過ごしたのか?地元、周囲の人たちに悲劇を防ぐ方法はなかったのか?

考えること、今後の、これからの、ためにやれる事はたくさんあるはずです。

 本当に大事なことは、「私がどうやって記者会見に入ったか」ではなく、私が手に入れた裁判資料の検証ではないでしょうか?

 記者クラブの記者は山ほど資料をもらっても何も書かない。
マスメディアの責務とは大衆に向けて情報を発信することです。ブログだって証拠に基づいて書けばマスメディアです。決して大手メディアのことではないのです

 私が先入観で記事を書いてるとのご批判も承知しています。ただ裁判資料だけは厳正に原告被告の主張を伝えています。私の記事が気に入らないのなら、裁判資料だけ読んで、この「大本事件」の本質・真相に迫ってください!でないと私は情報発信をする甲斐がない。


  第二訴訟の和解騒動について。

 昨日の記事でも触れましたが、私は日本エンターテナーライツ協会と大本萌景さんのご遺族が訴えられた裁判の原告である「株式会社フィールド愛の和」の大井光雄社長が「和解は絶対にない」と言ったなどと断定的な事は書いた事は一度もありません。

 そんな事は当事者にしか分からない事です。「今現在では」とか「和解に向けての交渉は今のとことろ考えていないようです」と言うような曖昧な表現に留めているはずです。(この裁判は不自然な形で取り下げになりました)

 しかしTwitter上には和解は絶対にないと私がブログに書いたので記事を捏造した。と言いふらす人がいます。(ゆりあというアカウント名です)これも根拠や証拠のスクショなど出さずに延々と発信しているので困っています。

 私が大井光雄社長のインタビューを捏造した、や「思い込みの強い記事」を書いたというような趣旨のことを発信し続けています。しかしこれは傍聴ブログですので、傍聴した人間の主観で書くしかない。
どうしても正確な内容が知りたければ、私がしているように、裁判所に足を運んで裁判を傍聴するか、お金を払って訴状を閲覧すればよろしいかと思います。

 また大井光雄社長のインタビューもほぼ間違いなく再現したはずです。「ニュアンスが違う」と言う大井氏からのクレームは、複雑なお立場であるからなのだ、と削除しました。
 しかし雲が大井氏インタビューを捏造したとのコメントを某日多数いただきましたので、一部だけ再掲します。(ぶら下がり取材は基本「オフレコにして」と言われなければオープンです)

 2019年7月4日裁判所出口付近にて大井氏のぶら下がりに成功。
 
:お疲れ様でした

大井氏:(裁判は)2年かかるようですよ、ラウンドでやって和解して気に入らなければ控訴してということみたい5年くらいかかることもあるようですがそれまで(とても)会社が持たない。

:和解だとどうなりますか?

大井氏:うちから持って行くことは無いです。
提訴受けてるか受けてないので。

:向こうから(第一訴訟の原告、第二訴訟の被告)条件も何も提示ないわけですよね。

大井氏:うちが和解するってどうやってするのかが分からない。

 まだありますが、「ニュアンスが違う」と言う事でしたので後半部分は削除します。

 インタビュー書き出し終わり〜


  ーーーーー本文終わりーーーーー


 参照画像:2019年7月8日付けで東京弁護士会からきた懲戒請求書の調査開始通知。

 私の懲戒請求が不当と言う人がいるのならその不当な請求を調査する弁護士会に問題があるのではないですか?

 私の懲戒請求が気に入らないのなら、調査の開始を決定した東京弁護士会の会長さんに問い合わせてください。

 書面は調査を開始すると言う通知で、懲戒委員会が懲戒を決定した、と言う通知ではありません。

 それからご本人は私の個人情報の情報漏洩を否定されていますが、私がこの文書を受け取った直後、私の個人情報がこの弁護士さんと懇意にしている関係者によって拡散されました。(その人物はこっちは名刺のコピーを持ってるんだよ!とツィートされておられました)

 これも懲戒請求事案として、証拠を揃えて綱紀委員に提出したしました。

スクリーンショット 2019-07-28 21.57.05







 




 


 

フィールド愛の和が原告の第二訴訟・第三回傍聴記と懲戒請求について


 2019年7月17日、10:40分から東京地方裁判所民事24部703号法廷にて「株式会社フイールド愛の和」が原告の第三回口頭弁論が開かれました。
開始時刻が10分遅れたのは書記官が担当した裁判が長引いたからです。
裁判は10〜15分くらいで終わってしまいました。

 今回の裁判は文字数が少ないので、私が今行なっている懲戒請求についての経緯を書き添えました。


   事件番号平成31年(ワ)1450 
 民事部24部

 原告   株式会社フィールド愛の和 大井光雄

 原告代理人 渥美陽子
  
 被告   大本茂 大本幸栄 望月宣武 佐藤大和 河西邦剛 一般社団法人リーガルファンディング

 被告代理人 

 傍聴者約15名


  主に証拠書類の確認と次回期日が決まっただけでした。


 ここから傍聴記録
(裁判長の声が聞き取り辛く、ほとんど理解できませんでした。)
 
 渥美弁護士: 証拠書類まだ不鮮明で確認ができないです。愛の葉Girlsという記載あるところが確認できない。これ以上鮮明なものは持ってないという事ですか

 佐藤弁護士:はい、これ以上鮮明なものは持ってないです。


 愛の葉Girlsの移籍契約書のやり取り〜

 

 裁判長:愛の葉Girlsの立証趣旨が 移籍契約の内容であると・・・(以下ほとんど聞き取れず)

 望月弁護士: ご相談ですがよろしいですか?(と別訴との併合についての確認を求める趣旨の発言)

 裁判長とのやりとりがあり、

 裁判長:現時点では併合する事にはなっていません。そういう事で被告側で書面を出される事になりますが・・・

 以降、次回期日のすり合わせ〜

※この裁判は取り下げが決まりましたので、以下の口頭弁論予定はなくなりました。
一応、記録として残しますが間違って裁判所に行かないようにしてくださいね。


「 ■次回裁判期日 10月16日(水)午前10:30分から703号法廷にて開廷です。
大本事件の次回裁判は第一訴訟が9月ですから随分裁判の期日が空きますね。

 秋には関心も傍聴者もぐっと減ってしまいそうです。
被告側は第一回の口頭弁論から併合(第一訴訟と第二訴訟を合わせて審議する事)についての意見を述べてました。この日の裁判では双方から「和解」の文言は出ませんでした。併合については何度も意見が出されましたから、被告側が望んでるのは和解ではなく併合審なのだろうなぁ、というのがこの日の感想でした。」




 懲戒請求について。

 管理人は7月1日付けで東京弁護士会に所属する弁護士さんを懲戒してもらうよう、東京弁護士会の綱紀委員会に懲戒請求書を提出しました。この事案は結果が決まるまで公表するつもりはありませんでした。

 ところが、東京弁護士会が発送した懲戒請求の「調査開始通知」が相手がた弁護士さんに届いたらしくご自身のTwitterで私と分かるような表現を使って懲戒請求されたことを発表しました。

 なので私も、事情をかい摘んで説明することにしました。東京弁護士会の綱紀員会に懲戒を求める内容は、私に対してのいくつかのハラスメント行為に対してです。それを証拠書類と共に書面を作り、7月1日、東京弁護士会に直接持参し、同日綱紀員会に調査命令が出されました。

 その調査開始通知が東京弁護士会より7月8日付けで私と当該弁護士に発送され、9日に受け取りました。訴状に記される事件番号と同じ、事案番号もつきました。その同日午後、当該弁護士さんからブロックされましたので、相手がたも通知受け取りがあったのだと推察しました。

 懲戒請求した理由は私と同じような嫌な思いをフリー記者(特に女性)にして欲しくない、という気持ちからです。

 また、当該弁護士から謝ってほしい、という気持ちもあります。
もしも、向こうが謝罪したい、という事であればそれは受け入れるつもりです。
(ただし、その可能性は100%ないと思っています。)

 今後何かしら綱紀委員会から連絡があれば、その都度ではなく、大きな事案があればまとめて結果をお知らせします。この事はブログを読んでくださる方々に大きく騒ぎ立てることではない、と思っています。「裁判傍聴記録、報道検証を残す」というこのブログの目的・趣旨から外れる事だからです。

 調査結果は早くて2ヶ月、遅くて半年、最悪何年も放置されることもあるようで、そうなった時のために、日弁連に異議申し立てをすることも視野に入れて、静かに東京弁護士会からの報告を待っています。


 
 以上です。



今日の落書き。すみません。時間が短かったのでこれだけです。
被告席の弁護士さんの名前が知りたい。。。

 IMG_3699



 
 
ギャラリー
  • 農業アイドル自殺訴訟 日本エンターテナーライツ協会とリーガルファンディングの関係図です。
  • 農業アイドル自殺訴訟・最新情報 遺族側の閲覧制限を裁判所がすべて却下。
  • 農業アイドル自殺訴訟・最新情報 遺族側の閲覧制限を裁判所がすべて却下。
  • 農業アイドル自殺訴訟・第一訴訟・第六回口頭弁論傍聴記
  • 【特報!】大本事件担当弁護士の渥美陽子氏がFLASHでクラビア初挑戦!
  • 農業アイドル自殺訴訟  記事を二つ削除しました。
  • 農業アイドル自殺訴訟 新年挨拶 第四訴状の第一訴状について書き出し〜
  • 農業アイドル自殺訴訟 新年挨拶 第四訴状の第一訴状について書き出し〜
  • 農業アイドル自殺訴訟 新年挨拶 第四訴状の第一訴状について書き出し〜